コラム|豊橋市飯村で歯科をお探しの方は【タケオ矯正歯科・歯科医院】まで


 
9:00~12:00 / /
14:30~19:00 / /

:土曜日午後 14:30~17:00
:毎月1回 日曜診療は矯正歯科のみ診療
休診日:木曜・日曜・祝日
(祝日のある週の木曜は診療日)

tel.0532-63-4551

〒440-0834
愛知県豊橋市飯村北2-12-11

豊橋市飯村・タケオ矯正歯科・歯科医院
  • 予約制
  • 各種保険取扱
  • メニュー

なぜ黄ばむ?歯が黄色くなる理由と改善する方法

みなさま、こんにちは。
 
豊橋市飯村の「タケオ矯正歯科・歯科医院」です。
 
 

「歯の黄ぱみが気になって、うまく笑ったりしゃべったりできなくなった」と悩んでいませんか?
 
前は白かった歯が年齢を重ねていくうちに、いつのまにか黄ばんで色が悪くなってきたのには理由があります。
 
ここでは、歯の黄ばみの理由と改善法についてお伝えします。
 
 

加齢が原因の黄ばみ

歯の透明感は、表面のエナメル質が半透明の輝きをもっているためなのですが、これが、加齢とともに薄くなる傾向にあります。
 
そうなると、その下にある象牙質が透けて見えてきます。
 
象牙質は、もともと黄色味を帯びた色をしています。そのため、歯が黄ばんで見えるのです。
 
歯は、表面の成分が食事のたびに溶け出す「脱灰」、そして唾液に含まれるミネラルによって修復される「再石灰化」を繰り返す仕組みで健やかさを保っているのですが、甘いものをダラダラ食べていると脱灰の事案が長引き、しっかりと修復ができずに歯の表面の輝きが失われます。そのため、象牙質が透けて見えやすくなります。
 
 

ステイン(着色汚れ)が原因

食習慣のため、食べものや飲みものの色素によるステイン(着色汚れ)も、大きな原因になります。
 
歯に着色しやすい代表的な食べものや飲みものは、タバコのヤニ、コーヒー・紅茶・ウーロン茶のタンニン・カテキン、赤ワイン・チョコレートなどのポリフェノール、カレー粉・ケチャップなど濃い調味料などです。
 
 

歯の黄ばみを改善したい時は…

歯科医院のプロによるクリーニングやホワイトニングで、ステインなどの汚れをきれいに取り除けます。
 
ホワイトニングの処置で、着色や黄ばみの度合いにもよりますが、数回の通院で白くなってきたと実感できるようになります。
 
どんなプランで白くしていくのが向いているのか、まずは診断を受けませんか?タケオ矯正歯科・歯科医院へお越しください。白さを取り戻すための相談をしましょう。